「悪魔のおにぎり」食べてみた

「悪魔のおにぎり」が話題になっている。先月16日(2018年10月)からコンビニのローソンで販売が始まったおにぎりで、2週間で累計販売数300万個を販売した。不動の人気ナンバー1「シーチキンマヨネーズ」を上回る売れ行きだ。どんなおにぎりなのか。

白だしで炊いた米に天かす、青のり、天つゆを混ぜたもので、値段は110円(税込み)。静岡発祥の「たぬきむすび」が開発のきっかけで、「(食べてみて)これはいけるなとすぐ思いました」とデイリー商品部の堤洋平さんは話す。

パッケージには「悪魔的なうまさ」「やみつき注意!」のコピーとともに、「あくまでタヌキくん」と書かれた悪魔風のタ……(中略)…… とバッサリ。「僕は混ぜご飯より、白いご飯が好きなので。好きずきだよね」

ニュースの全文を見る⇒(ライブドアニュース)

 


関連記事

おすすめの人気記事