愛知・田原でまた豚コレラ確認 大村知事「痛恨の極み」

 愛知県は21日、同県田原市の養豚農場で家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の感染が確認されたと発表した。同じ経営者による同市内の別の農場と、その農場に隣接して機材などを共同使用している関連農場の計3農場の豚計約1800頭余りの殺処分を始めた。

 県によると、20日午前に「飼育している豚に発熱や食欲不振などの症状がある」と報告があり、県の検査で10頭のうち9頭から豚コレラの陽性反応が出た。県は21日午前、緊急対策会議を開いた。

 田原市は養豚業が盛んで、県全体の3分の1に当たる10万頭余りの豚が飼育されている。大村秀章知事は記者団に「県内の養豚業の心臓部分といって……(中略)…… の肉を食べても人体に影響はない。(岩尾真宏)

ニュースの全文を見る⇒(朝日新聞デジタル)

 


関連記事

おすすめの人気記事