駅弁立ち売り60年、5月で幕 美濃太田 夫婦の松茸飯

【動画】ホームで立ち売り60年の駅弁屋が閉店へ=初見翔、上田潤撮影

 JR美濃太田駅(岐阜県美濃加茂市)には、全国で数少ない駅弁の立ち売りが残っている。手がけてきたのは、老夫婦が営む駅弁屋「向龍館(こうりゅうかん)」。名物の釜飯をホームで60年売り歩いてきたが、高齢化と客の減少で5月末で店をたたむことになった。

「体がついていかんようになった」

 「1個ください」「はいよ」――。18日、季節限定の観光列車が美濃太田駅に到着すると、「松茸(まつたけ)の釜飯」(税込み千円)を求める列ができた。各務原市の小椋明子さん(53)は「小さい頃、ここを通ると必ず父親が……(中略)…… com_smpl_txtpr">こちら

ニュースの全文を見る⇒(朝日新聞デジタル)

 


関連記事

おすすめの人気記事