ふりかけつくって1世紀 老舗の新製品はシートタイプ

【動画】シート状のふりかけも手がける老舗メーカー「田中食品」=近藤郷平撮影

 広島市の田中食品は、1世紀を超えてふりかけをつくっている老舗だ。ごはん離れや人口減、少子化と厳しい経営環境下にあるかと思いきや、田中茂樹社長(67)の表情は明るい。商品開発や改良で新たな需要をつかみ続けてきたからで、最近のユニークな商品にその一端を見た。

 ノリのような長方形をした、色とりどりのシート。これがふりかけだという。田中食品が開発し、試験販売を始めたものだ。

 味は、かつお、サケ、赤しそ、大根菜。1916年に発売した同社のロングセラー商品「旅行の友」もシ……(中略)…… com_smpl_txtpr">こちら

ニュースの全文を見る⇒(朝日新聞デジタル)

 


関連記事

おすすめの人気記事