「ほぼラーメン」な豚骨うどん 元「二郎」店主の誇り

 こってり味の豚骨スープ、食べ応えのある太麺とチャーシュー、高さ15センチまで盛られたもやしとネギ――。見た目は大盛りラーメンだが、これはうどんだ。なんで? 3年前まで関東の有名店「ラーメン二郎」の店長だった店主の思いがどんぶりに詰まっている。

 うどん屋「肉うどん さんすけ」は、名古屋城のおひざ元、名古屋市中区丸の内のオフィスビル街の一角にある。

 店の一番人気は、アジやサバ、昆布から出汁(だし)を取ったあっさりスープに、平打ち麺を合わせた「肉うどん」(税込み780円)。チャーシューがのっている以外はラーメンぽさはない。

 だが、二番人気の「……(中略)…… 持ち帰り用のチャーシューも販売。(石塚大樹)

ニュースの全文を見る⇒(朝日新聞デジタル)

 


関連記事

おすすめの人気記事